NEWS

大ヒット上映中の本作、ハリウッド映画史上最大規模の日本ロケを敢行したことでも話題沸騰中!
豪華キャスト&スタッフがロケ地日本を語るスペシャルメイキング映像が初解禁となった!

今回、ハリウッド史上最大規模の日本ロケにフォーカスしたスペシャルメイキング映像が解禁となった。

映像は、大阪の京橋、圓教寺、岸和田城、姫路城など、本作が撮影されたロケ地が続々と紹介される。日本の“任侠”映画愛を公言し、演出にも取り入れたロベルト・シュヴェンケ監督は、「日本での撮影は物語に不可欠だった」と力を込めると、五重塔の先に富士山が浮かびあがる。今作では、他にもワープステーション江戸、雷門、渋谷、お台場で撮影されており、ハリウッド視線のJAPANが姿を現す!

「アメリカのヒーローが日本を舞台に描かれる」という国際テロ組織コブラの女スパイ、バロネスを演じたウルスラ・コルベロのコメントに重ねて、庭園でストームシャドー(アンドリュー・小路)から名刀・曙光(モーニングライト)を贈られたスネークアイズ(ヘンリー・ゴールディング)が切っ先を見つめるシーンが紹介される。アンドリューは、「日本には独特のエネルギーがある。キャストは日本文化に触れ、敬意を抱いた」と語ると、ヘンリーが「すばらしい撮影地ばかりだった。数千年の歴史を持つ寺や姫路城で撮影した」と続ける。ライトアップされ、さらに美しさを増した姫路城はまさに壮観だ。

G.I.ジョーのメンバー、スカーレットを演じたサマラ・ウィ―ヴィングは、「誰もが文化や歴史の重みを理解してた」といい、日本人キャストとして参戦した“くのいち”暁子役の安部春香が、「壮大な景観の圓教寺は、900年代半ばに創建された。古代林に囲まれた美しい寺よ」とガイドする。

最後にヘンリー・ゴールディングが、「日本が映画に重みを与えてくれた。日本文化を正しく描かなければ物語は成立しない」と、ハリウッド映画最大規模の日本ロケの成果は絶大だったと結んでいる。

忍者発祥地の日本を舞台に描かれる超スケールの“忍者大戦”を映画館で楽しもう!!!

ー岸和田城ー



ー京橋ー


ー姫路城ー

ー圓教寺ー

ー本徳寺ー

『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』大ヒット上映中!